腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

息子、続・八幡浜ミーティングに参戦する! 

この週末は息子のMTBレースでございました(`・ω・´)

親は認めていませんが、オンロードよりもオフロード好きな息子(笑)

愛車は3年前に購入した20インチのGHOSTのまま・・・。

本来、レースに出るのであれば24インチか26インチが妥当なのでしょう。

しかしBMXも買ったのにMTBまで買う余裕はございません!

あるもので何とかせんかい!( ゚д゚ )クワッ!!

・・・と、言うても3年前に買ってから特にいじっていない状態。

さすがにマズイと思い、ポジションなどを見て家にあるもので手直しを加えます。

17-04-03-1.jpg

まずは純正のステム(たぶん60mmぐらい?)を交換します。

ストライダーで使っていたステムが余っていたので80mmのものに交換。

17-04-03-2.jpg

ついでの便でバーエンドを撤去しました。

ハンドルを天地逆付けしたかったのですが、無謀かなと思いやめておきました。

サドルも少し上げて、チェーンオイルを塗り直して完成!

空気圧はフロント2.8Bar リア3.2Barに設定。

現地で試走をしてタイヤが滑るようならもう少し落としますが、体重が軽いので大丈夫でしょう。

8時ぐらいに会場に入り、テントなどを立てて受付を済ませます。

17-04-03-3.jpg

コースの試走とアップを兼ねて山岳隊さんに追い込んでもらいました(笑)

とても楽しそうに何回も試走を続けていました。

ロードレースだったらある程度で止めるのですが、今回は楽しむレースなので好きなだけ走らせます。

レース開始30分ぐらい前までしっかりと試走を繰り返し、通り雨などありましたが小学3~4年生の召集です。

17-04-03-4.jpg

地元愛媛のチームジャージや岡山県から参戦しているキッズなど総勢10名。

ご覧の通り20インチで参戦しているのは息子だけじゃないでしょうか?

回りは24インチや26インチのMTBばっかり( ̄▽ ̄;)

中にはSPDペダル装着の本格的なキッズも居ます。

息子へのアドバイスは小さなタイヤで勝つには最初の加速勝負で前に出るしかないと伝えます。

MTBに関しては全く分からないし伝えれることも無いので、あとは息子の判断に任すばかり。

10秒前からのカウントダウンが始まりレースがスタートします!

スタートの混線に巻き込まれるのを嫌い、アウト側のコブを使って前に出ようとします。

数名の選手がスタートダッシュを決め、4番手でコーナーを下って行きました。

17-04-03-5.jpg

小学3~4年生のコースはつちのこコース2周回です。

1周目は4位で帰ってきましたが、2周目に入る手前で3位の選手のスキをついて前に出ます。

2周目はタイヤの小さな息子は前を走る選手に追いつけず、果敢に足を回しましたが3位でゴール!

17-04-03-6.jpg

MTBレースらしく泥だらけ(笑)

機材では不利でしたが、ジュニアクラブの意地を見せてくれたと思います。

初のMTBレースにしては上出来だったのではないでしょうか?

17-04-03-7.jpg

ものの見事に泥だらけとなったGHOSTさん(;´・ω・)

家に帰ってからきっちりと洗車させていただきましたよ。

地元愛媛で開催されたという事もあり、知り合いもチラホラいたりして気楽な感じ。

カテゴリーは違えど、友達たちと一緒にレースに出れたのは息子も楽しかったようです。

それになかなか見る事の出来ない村上兄弟の走りを生で見れたのは大きな収穫だったと思います。

大会関係者ならびに参戦された皆様、お疲れ様でした!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment