腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

息子、初の水ヶ峠越えに挑戦する! 

今日も息子とサイクリング!(`・ω・´)

四日市も終わったので、のんびりサイクリングを計画しました。

目的地は娘ちゃんのストライダーレースの会場となる波方港です。

最短距離で考えたら海岸線なのでしょうが、風向き次第では地獄のようなサイクリングになります。

それに、そもそも海岸線走るの飽きたしヽ('A`)ノ

次なる候補で上がったのが水ヶ峠越え!

これなら風向きは関係ないし、適度なアップダウンで練習にももってこい(・∀・)

ただし、水ヶ峠トンネルをどう攻略するか? あとは交通量の問題もあるか?

息子とのサイクリングが日常化してきていますが、毎回悩むのがルート選択です。

出来る限り交通量が少なく道幅の大きい所を通りたいのですが、そんな都合のいい道はありません。

そうなってくると息子に慣れてもらうしかありません(;´Д`)

小学2年生で公道走らせるのは不安!不安!超不安!

そんなこと言ってたら永遠にサイクリングロードとしまなみ海道しか走れません。

出来る限りの注意を払いながら水ヶ峠越えに挑戦してみましょう。

家を出たのは7時過ぎでしたが、今朝は冷え込んで凍えるような寒さです。

準備していたウェアをしまい、秋冬用のウェアに変更しました。

吉藤から伊台に上がり、五明を経由して水ヶ峠を目指します。

16-11-03-1.jpg

やたらとダンシングを使うので、シッティングで軽めのペダルを回すように指示。

休日なので交通量は多かったですが、息子はいたって普通な感じ。

特に危険とか感じる事もないし、注意喚起したら返事は返ってくるし危なげない感じ。

取り越し苦労っていうんでしょうか?( ̄▽ ̄;) まぁ、油断大敵ですけどね。

16-11-03-2.jpg

水ヶ峠トンネル前で補給&休憩(*‘∀‘)

車が横を通るのは怖いとは言いますが、なるべく情報を与えているので大丈夫だそうです。

我が家のサイクリングの走り方なのですが、平地と下りは私が先行します。

登りの時のみ息子を先頭にして、後方から後続車の情報をなるべく伝えます。

ガサルスさんとのサイクリングもそうなのですが、些細な情報でもなるべく声かけするようにしています。

そのおかげで息子の危険回避能力が高くなっているのは間違いありません。

話を戻しまして・・・水ヶ峠トンネルを越えないといけませんが、さすがに息子は嫌そうな雰囲気。

無理をさせても仕方ないので、道幅の大きい退避路をゆっくりと通ってトンネルは越えました。

とりあえず犬寄峠あたりで練習させましょうかね(´∀`)

トンネルを越えた後は玉川のコンビニで休憩。

16-11-03-3.jpg

息子の肉まんの食べ方が斬新過ぎた件・・・(;゚д゚)ゴクリ

そんな食べ方を教えた覚えはないんだけどなぁ・・・。

その後は疲れたというのでペースを少しばかり落とし、無事に波方港に到着。

60km弱のサイクリングを楽しみ、ストライダーレースの応援をしました。

私は走り足りなかったので、レース終了後は北条までおかわりライド!

海岸線はマジで飽きたので、菊間から道を逸れて山を登っておきました。

なもんで、私の今日の走行距離は90km弱でした。

この日も楽しいサイクリングが出来て大満足の1日でした。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment