腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

四日市サイクルスポーツフェスティバルに行ってきた! 前編 

10月29日は早朝3時に四日市市に向けて出発!

前日は少し仮眠をとれていたので、体的にも精神的にも楽でした。

16-10-31-1.jpg

休憩をとりながら走り、会場に到着したのは10時ぐらい。

会場にはすでに到着している人達もおり、試走しにいったりメンテナンスしています。

ちなみに前日の試走は時間が決まっているのですが、結構な方が無視して走ってますね(;´Д`)

我が家はジュニアクラブの方たちの好意で、駐車場に困る事も無くのんびりと車内で過ごしました。

お昼からは無料の炊き出しもあり、焼きそば・おにぎり・豚汁が無料で配布されていました。

昼食をいただきながら、ボチボチと試走の準備に取り掛かります。

13時30分になり受付開始。 ゼッケンやヘルメットキャップをもらい試走に向かいます。

まず1周目はコースレイアウトを覚える事に集中して走ってもらいます。

2周目はコースの危険箇所を確認しながら試走を行います。

3周目以降は少しペースをあげて、仕掛けどころなども織り交ぜながら走ります。

合計で6周ぐらい走りましたが、最後の方は同じカテゴリーに参加する子を追い始めたので強制終了(笑)

この日は早めにホテルにチェックインして、翌日の本番に備えることにしました。


10月30日は6時過ぎに起床。 ホテルで軽く朝食を済ませ会場に向かいます。

8時前に会場に到着して、すぐさま検車とサインシートへの記入にいきます。

16-10-31-2.jpg

16-10-31-3.jpg

検車とサインシートの記入を終わらせ、車に戻ってしばらくはマッタリ過ごします。

回りはレースが始まる子供たちがアップを始め、異様な雰囲気ですが子供たちは関係なし(笑)

16-10-31-4.jpg

同じジュニアクラブの子と一緒にお菓子食べたりしてました(*‘∀‘)

その間に私は中学生カテゴリーのレースを観戦したのですが、もうね大人顔負けのレースです。

数年後には息子もやってるのかな?なんて、考えたりもしましたが想像がつきませんでした(;´Д`)

10時30分を過ぎ、小学5-6年生カテゴリーの整列が始まります。

お世話になっているウメザワさんの息子さんや、ジュニアクラブの仲間たちの姿を見に行きます。

11時少し前からアップを開始します。

16-10-31-5.jpg

じっくりと時間をかけてアップをさせ、整列時間となるギリギリまで足を回します。

11時20分になりアップを終わらせ、スタート位置まで向かいます。

アップで体は温まっていましたが、スタート位置が日陰になっていて少し寒そう?

とりあえず大人用のウインドブレーカーを羽織らせて体を温めておきます。

今までのレースと比べて、こんな大人数のロードバイクで走るのは初めての事です。

息子は少し緊張しているようでしたが、顔には余裕が見えました。

逆に私はヤバそうな雰囲気だったと思います( ̄▽ ̄;) 

ウメザワさんが顔を合わすたびに「落ち着いて」って言ってくれたので相当だったのでしょう(笑)

16-10-31-6.jpg

レース開始2分前、係員から離れるようにと指示があり一気にレースの空気になります。

1年前から初めたロードバイク。 この1年で色々なレースに出て経験を積みました。

ジュニアクラブに加入し、ウメザワさんと出会い色々なアドバイスを受けながらの日々の練習。

週末になると私やガサルスさんにサイクリングと称して連れ出されては練習。

ロードバイクをはじめたキッカケも、しまなみ海道をもう少し速く走れたらいいなっていう軽い気持ちでした。

1年前はそんな気持ちだったのに、今は四日市でテッペンを獲って欲しいに変わっていました。

スタートリストを見ると、シマノ鈴鹿の上位やBMXライダー・MTBチャンピオンなどなど。

回りを見ればみんな速そう( ̄▽ ̄;) 完全に雰囲気に飲まれる赤メタボ!

色んなことが頭の中でグルグル回りはじめますが、レースは待ってくれません。

そして、いよいよ息子のレースがスタートとなります。

後半へつづく・・・ヽ('A`)ノ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment