腰痛持ちの俺がやれんのか?

30代前半で腰痛持ちのメタボがロードバイクで痩せられるのか・・・?

しゅうなんクリテリウムに行ってきた! 

今日も仮眠3時間で山口県は周南市までレースに行ってまいりました。

いいかげん大人なんだから、レース前に高ぶって寝れないの何とかならんかな?

ましてや自分が出る訳でもないのに、遠足前の子供のように全く眠れません。

19時には万全の態勢でベッドに横になったのですが22時に起床(;´Д`)

それから眠れる事無く3時前に松山を出発しました。

毎度の事ながら車で高速道路を走り、途中で20分ほど仮眠をとり7時前に周南市に入ります。

朝ご飯を済ませ8時少し前に会場となる周南緑地公園に到着。

会場では先に入っていたウメザワさんにご挨拶をして頂きました(=゚ω゚)ノ

コースは公園内をクローズしての特設コースで、全長800mになります。

息子が参加するバンビーノクラス(小学1~3年生)は4周回の3.2kmで競われます。

今回は前回のきらら浜で1位だった選手をマークしながら、キッズクラス(小学4~6年生)について行く事。

16-10-02-1.jpg

試走を終わらせ、検車を受けてスタート地点に並びます。

しゅうなんクリテリウムはバンビーノ5名とキッズクラス4名が同時スタートとなります。

出来る事ならキッズクラスの選手について行き上位を狙ってほしい!

9時になり、ローリングスタートにて息子のレースが始まります。

各選手ともにけん制し合って先頭を譲り合う中、見慣れた子が我先にと飛び出していきます・・・。

ローリングスタートっていうのを忘れているのではなかろうか?(; ・`д・´)

とりあえず息子に「落ち着け!」と声を掛けたら冷静になったのか、周りを伺いながらペースダウン。

1周目を終えるとキッズクラス4名が先行し、バンビーノクラスから3名が後を追うという形になっていました。

16-10-02-3.jpg

バンビーノの集団の先頭は、前回のきらら浜で1位になった選手です。

その背後をピッタリとマークするのは我が息子。 そして、同じジュニアクラブの選手も続きます。

時折キッズクラスの集団と近づく場面があり、チャンスがあればキッズの集団に紛れ込ます指示を出そうか迷います。

2周目・3周目と前回1位の選手をマークしている所を見ると、本人なりに何か考えがあると思い声を掛けるのをやめます。

3周目が終わり、4周回目となるファイナルラップの鐘が鳴り響きます。

ファイナルラップに入った途端にスイッチが入ったようで、一気に加速をして前の選手に並びます。

前を走る選手も、それに反応してダンシングで応戦! お互いに一歩も譲らないまま視界から消えていきました。

残り800mから仕掛けたので、前を走る選手に体力が残っていれば差し替えされている可能性もあります。

ドキドキしながら待っていると・・・

16-10-02-4.jpg

コーナーを曲がって飛び出してきたのは、キッズの選手達ではなく息子の姿でした!

あとは最終のヘアピンカーブを抜ければゴールです。 無事に逃げ切って欲しい!!

16-10-02-5.jpg

小さい体でダンシングしながらゴールに向かってくる息子の姿がはっきり見えました。

試走では苦手と言っていたヘアピンカーブも無事にクリアして1位でゴール!!!

イイ意味で息子らしい、手堅い走りに徹した結果なのかと思えました。

16-10-02-6.jpg

表彰式では賞状の他にも副賞や盾なども頂けることができました。

表彰台が無かったのはちょっとだけ残念かな?(;´・ω・)

16-10-02-7.jpg

綺麗なおねえさんにインタビューされてニヤける息子(笑)

お前も男なんだな・・・(´・ω・`)

表彰式も無事に終わり、あとは松山に帰るだけ・・・のハズが!?

16-10-02-2.jpg

トンボ帰りして早々に、立岩川をサイクリングするっていうね・・・( ̄▽ ̄;)

息子曰く、走り足りないそうです。

病み上がりなので程々にしてほしいのですが、親の心配なんて気にせず走り回っていました。

しゅうなんクリテリウムの関係者の皆様ならびに参加された皆様、本当にお疲れ様でした!

次なるレースは中国サイクルグランプリです。

今年のメインイベントとなる四日市の前の最後のレースとなるので、気合を入れて行きますよ(`・ω・´)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment