腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

広島サイクルフェスタに行ってきた! 

今日は早朝から広島に向けて出発し、広島サイクルフェスタに参戦してまいりました!

前日は天気予報とにらめっこして、雨レースになるだろうという事で慌てて雨対策。

会場に到着したのが8時前でしたが、すでに雨は強く路面は完全にウェット状態でした。

想像以上に気温も低く、なるべくアップをさせて体を温めるように指示を出します。

急いでタープを立てて固定ローラーの準備を行い、以前に買っておいたヴェロトーゼのシューズカバーを装着。

ピッタリと密着するタイプのシューズカバーなのはいいのですが、入りにくいし破りそう・・・(;´・ω・)

実際、脱ぐ際に片側を引っ掛けて完全に破っちゃいました。 3000円が一瞬でパーですわ(笑)

受付を終わらせコースの試走をさせながら、中国地方では恒例(?)となった挨拶回り(・∀・)

今回もけんこうパパさん・サンバスさん・ストライダー時代から知り合いのOさんに声を掛けて頂きました。

滞在時間が短かったので帰りもまともに挨拶できなかったことをお許しくださいm(__)m

そうこうしている内にキッズ小学生の低学年の召集が始まります。

16-09-22-1.jpg

試走の時点ですでにビショビショ・・・。

入念にアップはさせておきましたが、小刻みに震えているので寒いのは間違いなし。

タオルで体を拭きますが、根本的な解決にはならず。 防寒着を持ってこなかったのは私のミスです。

16-09-22-2.jpg

それでもストライダー時代に一緒に戦った友達と一緒にレースが出来るとあって嬉しそう。

今回は同じジュニアクラブの同級生の選手もエントリーしていたりと、知り合いに恵まれていました。

逆を言えば、気が抜けていたという事でしょう・・・。

16-09-22-3.jpg

9時スタートの10分前からスタート位置に整列し、スタートの合図を待ちますが機材トラブル。

降りしきる雨の中で体温が奪われていき、体力がどんどん奪われていきます。

スタートラインに整列しているのに、きょろきょろしてアクビばかりする息子。

なんだか今日は嫌な予感しかしません。

今回のレースは1周約900mの1周勝負です。 駆け引き無しの先行逃げ切り作戦。

息子の1番得意とする分野のレースのハズでした。

9時過ぎにスタートとなり、一気に先頭に出ると予想していた息子は飛び出さず。

ゆっくりとダンシングで先頭に出ていきますが、後続選手を引き離すまでには至りません。

この時点で勝負はついていました。

マズイと判断し黙っておくつもりでしたが「ペースを上げて引き離せ!」と指示を出します。

指示を出した時には手遅れ。 2番手の選手がピッタリと背後につき引き離す事は出来ません。

バックストレートの向かい風区間でぴったりと張り付かれ、ホームストレートに差し掛かるコーナーでインをつかれます。

息子も何とか食らいつき追い抜いた選手の背後にピッタリと着きますが、バックストレートで踏み過ぎた模様。

そのまま追い抜く事ができず2位でゴールインとなりました。

結果としては2位なので喜ぶべきなのですが、レースの内容としては0点でした。

これは息子の責任という訳ではなく、自分の準備不足も含めて0点という事です。

息子はストライダー時代から雨のレースは苦手で冬場のサイクリングなど、とにかく寒さに弱い事が抜けていました。

万が一の事を考えてウインドブレーカーや雨具などの準備を怠った自分のミスでした。

ウメザワさんからも雨のレースはどれだけ準備をするかで勝敗が決まると言われていたのに・・・。

自分の準備不足が原因で息子に迷惑を掛けてしまったと猛反省しております。

息子のレース内容としても、本人が気が抜けていたという自覚があったようです。

メンタル面の強化も含めて、今日のレースは本当に良い経験をさせてもらっと思います。

次なるレースは山口県で行われる周南クリテリウムに参戦します。

10月末の四日市で開催される全国ジュニアに向けて、初心を思い出し息子を仕上げて行きます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment