腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

大阪クリテリウムin舞洲に行ってきた! 

9月11日は大阪クリテリウムin舞洲に参戦してまいりました(`・ω・´)

前日は友人宅に泊めてもらい、粉もんをたらふく食べました(笑)

朝は6時に起きて準備を整えて7時半ぐらいに会場入り。

駐車場に車を止めて、準備を整え受付を済ませ試走に向かわせます。

16-09-11-1.jpg

ホームストレート側は若干の登り基調で向かい風。

バックストレート側は若干の下り基調で追い風。

ホームストレートでどれだけ風の影響を受けずに走るかが重要と判断しました。

アレやコレやと指示を出しながら試走をさせていると、ウメザワさんに声を掛けて頂きました。

コースの攻略や注意点などアドバイスいただき、最後には驚きのサプライズもあったり!?

試走後は会場をウロウロしながら時間をつぶし、アップを開始します。

16-09-11-3.jpg


アップを始めて15分ぐらいで息子から左足が痛いと言い出します・・・Σ(´∀`;)

これは嫌な流れだ・・・と、思いながらアップを中止して足のマッサージを行います。

マッサージの知識なんてありませんが、見よう見まねで足をほぐしていくと痛みが落ち着いたようです。

出走時間まで残り時間が少なくなってきましたが、アップが終わっていないので再開させます。

少し心拍を上げるように指示をだし、アップを終わらせると今度はお腹が痛いと言い出します・・・(*_*)

これは本格的にマズいのじゃなかろうか? 嫌な雰囲気がしてなりません。

召集時間のギリギリまで日陰で休ませ、水分を多めに摂らせて回復に努めます。

息子にレースをやめるか?と、聞いてみましたが諦める訳もなく出るとの事で準備を始めます。

パラソルで日陰を作り、整列ギリギリまで水を掛けてクールダウンさせました。

10時25分 小学生低学年クラスのスタートです!

16-09-11-4.jpg

今回は17名が出走し約800mのコースを5周回で競います。

8月に行われたシマノ鈴鹿で表彰台に上がったメンバー達のエントリーが多く苦戦は必須。

今回の作戦は4周目までは1位ないし、トップ集団についていく事。

5週目のバックストレートで一気に勝負を仕掛けるという内容で伝えました。

ローリングスタートから、バックストレート側でバイクの先導が外れレース開始となります。

ローリングスタートでの位置取りが悪く、少し出遅れましたが何とか先頭集団に追いつきます。

1周目は先頭集団の中で終え、2周目に入ると少しずつ集団の中で動きが出始めます。

集団から3名ほど先行しはじめ、中には息子の姿もあります。

そのまま大人しくついて行ってくれたらいいのですが、様子をうかがって先頭に出る息子。

いやいや・・・だから仕掛けるの早いって( ̄▽ ̄;)

これはイカンと思い、後ろに下がれと指示だし。 息子、言う事を聞き一旦後ろに下がります。

16-09-11-5.jpg

3周目のバックストレートに差し掛かる前で1名の選手が逃げはじめ結構な差が開きます。

これまたピンチ! とにかく追いかけろ!!逃がしたら絶対に勝てん!!!

きっと会場では私の声はうるさかったハズです・・・反省(/ω\)

16-09-11-6.jpg

何とか逃げた選手に追いつき、様子をうかがう息子。

そして5周目の最終周の鐘が鳴り響きます!

この鐘の音で息子はスイッチが入ったようで、ホームストレートで一気に勝負を仕掛け前に出ます。

俺が伝えた作戦と違うじゃねーか!?(; ・`д・´)

ざっと見積もっても残り600m。そんなにも逃げ切れる訳が無い!

慌てて、まだ行くなー!って叫びましたがスイッチの入った息子には通じず。

バックストレートで詰められるかもしれないというハラハラドキドキ感を味わいながら見守るばかり。

16-09-11-7.jpg

何とかそのまま逃げ切りゴール!

ヒヤヒヤしましたが、何とか逃げ切ってくれました。

息子に話を聞いたのですが、シマノ鈴鹿で1位だった選手は2周目でメカトラにあったようです。

どうりで上がってこないと思ったら、そういう事だったのかな?

その選手にトラブルが無かったら、また違った展開になっていたのでしょうね・・・。

16-09-11-8.jpg

まぁ、起きなかった事を考えても仕方ありません。

今回は無事にテッペンに登ることが出来たので良かったですε-(´∀`*)

次のレースもテッペン目指して、日々の練習に励んでもらいましょう!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment