腰痛持ちの俺がやれんのか?

30代前半で腰痛持ちのメタボがロードバイクで痩せられるのか・・・?

本日も屋外練習ですよ! 

ボーナス出た!(`・ω・´)

EUの騒動のおかげで円高! ポンド下落! 海外通販がヤバイ!

シャマルが63000円? 6800のグループセットが49000円? 目の毒過ぎる!!!

こうなった散財するしかない! そーれポチッとな~!(・∀・)

そんなノリだけで買ってしまったのがコチラです・・・

16-07-07-2.jpg

腹筋コロコロマシーンです(;´・ω・)

なんとお値段は円高なんて全く関係ない1500円!

日々の筋トレのメニューの中に組み込んでいきたいと思います(笑)

腹筋ローラーは冗談にしても、円高のおかげで海外通販が面白い事になっていますね。

色々と物欲を刺激されていますが、息子のウェアやら小物ばかりしか買っておりません。

今のところ、自分の大きな買い物になりそうなのは三本ローラーだけです(´∀`)


さて、本日も子供たちを連れて屋外練習に行って参りました。

昨日と同じく海岸近くの広場に向けて走っていると、タムタムさんに遭遇!

家がかなり近いという情報はお互いに知っていたのですが、なかなかお会いする機会がありませんでした。

少しだけお話をさせていただき、日が暮れる前に練習場所に急ぎます。

16-07-07-1.jpg

息子と一緒にスプリントの練習を数本やっておきました。

やはり24インチになったら平均的な速度は上がりますね。

しかしスプリント勝負となると、相変わらずダンシングで重いギアを踏むクセが抜けません。

この辺りは徹底的に足を回すようにと何度も教え、反復練習を行いました。

STIレバーが6700系になり、下ハンを握った状態で色々な操作をしなくてはなりません。

以前までの3400系のSTIレバーはカンパのエルゴパワーのような形状になっています。

その為、シフトチェンジはブレーキレバーと親指の辺りにあるボタンで操作する事になります。

3400系のSTIレバーで下ハンを握った場合は、シフトダウンは出来てもアップは指が届きません。

シフトアップする場合はブラケットポジションに握り替えてから操作をしていました。

それ以外にも24インチには補助ブレーキがありません。

これがクセになっていて、補助ブレーキ着いていないのにハンドルを握り替えていたりします。

まずはSTIレバーの操作に慣れ、補助ブレーキに頼らないようにするのが課題です。


そして娘の練習ですが・・・残念ながら本日の練習では合格には至りませんでした。

好奇心旺盛で何でもやってみたいという娘。 

それ自体は悪い事では無いので、出来る限り出来ることはやらせてあげようと思います。

しかし、その性格ゆえにアレもやりたいコレもやりたいと優柔不断になっています。

その上、厄介なことに誰に似たのか超頑固( ̄▽ ̄;)

何度説明をして説得しても「ロードバイクでレースに出る!」と言って聞きません。

個人差はあるでしょうが、私の考えとしてはレースというのは特別なイベントに位置づけています。

レースに向けて練習をやったり、レースで良い成績を出したいから頑張る。

逆を言えば、練習もせず準備不足の状態で出るものでは無いと思っています。

これはストライダーだろうが、ロードバイクだろうが同じ見解です。

どんなに身体的能力が備わっていて、レースで良い結果を出せたとしても練習しない奴は評価しない。

独創的でしょうが、これが私の考え方です。

娘の中山サーキットでのレース参戦については、興味の一つとして参加するのは賛成です。

ただし不慣れなロードバイクでの参加となると、簡単に認めるわけにはいきません。

娘の操作ミスで一緒に走っている子供さんに衝突したり、ケガをさせてしまってはいけません。

この二日間で最低限の乗り降りや、ブレーキ操作など覚えて乗れるようにはなりました。

しかしレース参戦となると今の状況で走らせるのは危険が伴うと判断しました。

よって娘はロードバイクではなく、少しでも慣れている20インチのMTBで参加させます。

それに合わせて息子も24インチではなく、乗り慣れているプログレッシブで参加させます。

まぁ、息子に関しては本人が20インチでレースに出たいと言っていましたしね(;´∀`)

明日からは雨予報なので室内練習メニューに戻りますが、きっちりと仕上げていきますよ!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment