腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

息子と一緒に三坂峠を越えて・・・ 前編 

相変わらずの梅雨ですが、日曜日は晴れたので息子と一緒にサイクリングに行ってきました。

今回は娘のストライダーレースが開催される高知県の吉野クライミングセンターまで走ります。

吉野クライミングセンターってどこ?って、調べてみたら早明浦ダムのすぐ近くでした。

事前にルートラボを引いてルートを考案したのですが・・・こりゃキツイ(;´・ω・)

桜三里経由で寒風山越えだと距離は短いですが、まず国道11号はサイクリングに適さないので却下。

三坂峠を越えると距離は伸びますが、国道494号を使えば交通量も少ないのでこっちを採用。

ルートラボを引いてみると走行距離130kmで獲得標高2000mのルートになってしまった・・・。

これを小学2年生が20インチロードバイクで走破するのは現実的ではありません。

行けるところまで行って、帰りはピックアップしてもらうことにしましょう(´∀`)

そんな訳で前日は早めに寝て、私は5時過ぎに起床して準備を開始。

息子を6時前に起こし、まずは走れるかどうかの意思確認(笑)

「行く!」との事なので、朝ご飯を食べさせながら準備を整え6時半に家を出発。

市街地を抜け、重信川CRを使って砥部まで抜けたあたりで息子がトイレ休憩。

ミラー越しにローディに追いつかれたのが確認できたので、道を譲るがてらコンビニにピットイン!

16-06-29-1.jpg

止まってみると、青いんだか赤いんだかわからんガサルスさんでした!

お互いに走るのは知っていたけど、待ち合わせとかしてないのに偶然会いました(笑)

世間話をしていると、話の流れで三坂峠までついて来てくれることになりました♪

3人で三坂峠に向けて走っていると、練習を終えた山岳隊さんとすれ違いました(;´∀`)

もう少し早かったらご一緒できたかもしれなかっただけに残念!

16-06-29-2.jpg

三坂峠は息子のペースなので、のんびりペースで登っていきます。

ガサルスさんはトレーニングだと息巻いて、この日はアウター縛りでテッペンを目指すそうです。

え?私ですか? 家を出た時からインナーですが何か?( ´_ゝ`)

16-06-29-3.jpg

三坂道路を越えてからは一気に交通量も少なくなり、走りやすくなります。

ガサルスさんも序盤なので、余裕のピースサインでございます。

16-06-29-4.jpg

息子はと言いますと、三坂峠を登り始めてすぐから腰が痛いと言い出します。

いつものようにチカラを入れず軽めのペダリングとダンシングで登っていきます。

とはいえ、今回は先が長いので無理はさせたくないのでドリンク休憩がてら腰を伸ばしたりさせます。

腰の痛みも我慢できないほどでは無いみたいなので、息子も黙々とダンシングで登っていきます。

16-06-29-5.jpg

1時間半かかりましたが、三坂峠を登り切りました!

少し前に高縄山を登っていた事に自信がついていたようで、高縄山より楽だったと言ってました。

16-06-29-6.jpg

同伴してくれたガサルスさんとはここでお別れです。

くれぐれも俺のバレットでコケるんじゃねーぞ?( ゚д゚ )

それにしても息子のペースとはいえ、よくもアウターで登り切るもんだ・・・。

ガサルスさんと別れた後はお待ちかねの下り区間です。 念のために息子にはウインドブレーカーを着用。

最初はペースを上げず、徐々にスピードを上げながら下りのコツを息子に伝えます。

久万高原町に入り天空の郷に寄ろうかとも考えましたが、道を渡るのが面倒なのでコンビニに向かいます。

16-06-29-7.jpg

コンビニでは納豆巻とカルパス(駄菓子)を補給(笑)

どういう組み合わせなのか分かりませんが、どうしても食べたかったそうです(;´・ω・)

コンビニの軒先で食事をしていると、ウメザワさんの奥様が声をかけてくださいました。

どうやらショップの合宿(飲み会?)だったようで、久万高原HCの試走をされるそうです。

通りででウメザワさん所のジャージ着てる人が多かった訳だ!

しばらくお話をさせて頂き、奥様とはお別れ(´∀`*)ノ 近いうちにショップ行きますね。

我々も補給を済ませて33号線を進んでいきます。

道の駅みかわを越えた所で33号線からは外れ、494号を進んでいきます。

交通量は少ないですが、コンビニはもちろん自販機も無いような道です。

それでも山々の景観を楽しんだり、道端に咲いているアジサイに癒されながら進んでい行きます。

適度なアップダウンを繰り返しながら494号を進み、疲れたら道の隅っこで補給食を食べます。

スマホの電波も入らないような山の中で男二人だけ。 急ぐ訳でも無いので気楽なサイクリングです。

16-06-29-8.jpg

トンネル走るの怖い!!!とか、言いながら爆走(笑)

早く抜け出したい一心で、赤親子はペダルをMAXで回します!

16-06-29-9.jpg

トンネルを抜けると高知県でした!

下り基調になり、危うく見過ごすところでしたが戻ってからの記念撮影。

時間は11時を過ぎ、そろそろお昼ごはんも考えないといけませんが相変わらずの山ばかり。

しかもメインの33号を逸れるルートを組んでいるからコンビニなどありません。

補給食も残り少なくなっているので、何かしらお店を探したい所ですがスマホは相変わらずの圏外。

日が陰っている山間部を走っているのでドリンクの減りが少ないのが唯一の救いですがね・・・。

さて、高知県に入った赤親子のサイクリングは後半戦に突入するのであります!

後編に続きます!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




あ・・・、そういえば息子が自走で高知県に行ったの初めてだった(*´Д`*)
スポンサーサイト

Comment

Add your comment