腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

初夏のしまなみ海道完全制覇 復路編 

おまたせしましたよっと(`・ω・´) しまなみ海道 復路編でございます。トーマス(仮名)がお気に入りですヽ('A`)ノ
さて、トーマス(仮名)がどう絡んでくるのか?ラスボスの行方は?そして、感動のフィナーレを迎える事が出来るのか?
いや、何だかハードル上げすぎた気がするけど読んでやってください(;´∀`) それではスタートです!

尾道でやることも無く、ラーメンを食べて早々に向島行きの渡し船に乗りこみました。お客さん私だけだったりね(;^ω^)
ほどなく向島に到着です。目の前にはブルーラインがあるので、やっぱりさっきの分岐はココに繋がっていたと確信。
復路もブルーラインから逸れることなく進みます。が・・・さっき見たばかりの景色でつまんない・・・(´・ω・`)
その上、ラーメンでお腹も満たされた。朝が早くて、睡眠時間短いので眠い。さっきからアクビが止まりません。
だいたい、こういう気が抜けている時に立ちゴケとかする自信があるので休憩場所を探します。

R0010362_R.jpg

海岸線沿いに公園見つけましたけど、日陰でおばちゃんが新聞広げていたので写真だけ撮って退散です。
う~・・・限界的に眠い・・・(つ∀-) このままではロードに乗りながら寝てしまいそうです。休憩場所はよ!!!
なんて思っていたら、すぐ近くに公園発見です。人も居ないし、バイクラックもある。その上、ベンチはちょうど日陰です。
これは助かったと、CAAD10を止めてシューズもヘルメットも脱いでベンチに倒れこみます。あー・・・疲れた・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・んがっ!・・・・・・。


・・・ハッ!(;´Д`)



おはようございます。現在の時刻は13:00です。完全に30分間記憶を無くしていました。違う世界に逝ってましたね。
危ないのがCAAD10のロックも掛けずに落ちていたんです。いや、疲れていたとは言えマジでありえない(;´Д`)
しかし、30分ほど寝ただけでずいぶんと体が楽になりました。さすがに疲労は残っていますが、走ることは出来そうです。

気合を入れなおして、リスタートです。向島で13:00ということは、ラスボス撃破後のアイスが微妙に遠のきました。
まぁ、行くとは決めていないので気にしないヽ('A`)ノ アイスだったらドルチェで食べれるもんねー。 (ひねくれ者でサーセンw)
お昼寝でお世話になった公園を出ようとした所に1台の見たことのあるロードが通ります。あれ?さっきも居たよな?
そうです。トーマス(仮名)がまた目の前に現れたのです。40分前に尾道駅ですれ違ったばかりなのに・・。
さては、私のカワイイお昼寝姿を影ながら見ていたに違いない! (妄想激化中) それにしても、よく逢うなぁ・・・。

トーマス(仮名)の後ろに着くような形で因島を目指します。一定の距離を保ち、プレッシャーをかけない距離感。
追い抜いたところで、ちょっとした坂があれば抜き返されるだろうとかネガティブ思考なので滅多に人を追い抜きません。
ゆっくり、ゆっくり、トーマス(仮名)のペースで進みます。で、因島大橋の料金所が見えてきます。
追いつかないように車間距離を保っていましたが、サイクリングクーポンが無いようでゴソゴソするトーマス(仮名)
プレッシャーかけたら申し訳ないなと思い、ちょっと手前でクリート外して待っていました。
背中のポケットにクーポンがあったようで、支払いを終えクーポンを片付けようとしていた時に目が合いました。

「Oh・・・sorry!」(゚⊇゚) 

トーマス(仮名)意外とおじいちゃんな声でビックリ! よーく見たら腕とかシワシワっぽい。60歳近いぐらいかな?
それよりも、急に英語で話しかけられても反応できんよ(;´Д`) しかし、ここで反応しないと国際問題に発展しかねない。
ただでさえアメリカとの関係が微妙になってきているのに、私のせいで国交に摩擦が生じてしまっては日本人の恥!

「ノ・・・ノープロブレム!」(; ・`д・´) 

合ってる?これで合ってる?超不安なんですけど:(;゙゚'ω゚'): すると、トーマス(仮名)は右手を上げて譲ってくれました。
トーマス(仮名)いい人だなぁ(*´Д`*) 不慣れな英語でお礼を言い、先に行かせてもらい因島に下ります。

往路ではダラダラと続いた登りも、復路では強い味方の下りになります。追い風には恵まれ無いので、下りで稼ぎましょう。
スイスイーっと下りを終えて、ドリンクも無くなって来たのでコンビニに寄ります。氷とドリンクをボトルに入れてリスタート。
しばらく走ると、見慣れたロードを見つけます。ええ、そうです。トーマス(仮名)ですね。コンビニで抜かれたんでしょうね。
先ほどと同じように、一定の車間距離を保ち後ろを着いて行きます。あと少しで因島フラワーパークに曲がります。
たしか、あそこはダラダラと登りだったハズなので追い抜いても抜き返されるでしょう。なんってたってメタボですからね。
なーんて思っていたら、トーマス(仮名)はブルーラインを逸れて因島フラワーパークとは違う方に向かっています。
ああ、今度こそトーマス(仮名)とはお別れか・・・。達者で暮らせよ( ´Д`)ノ 別れを惜しむ間もなく上り坂が始まります。
足なんて残っているはずもなく、いつもの少女ギアをヒーヒー言わせながら進みます。もうね、ラスボスとか無理っぽくね?
この辺りから、かなり弱気になってきます(´・ω・`) 一旦、ラスボスの事は完全に忘れて帰ることのみに集中します。

因島を走り終え、生口島まで帰って来ました。とりあえず、ドルチェでジェラート食べるんだい(*´Д`*)
颯爽と生口橋を下ったところで、例のアレです(笑) はい、トーマス(仮名)発見!感動の再会です(ノД`)
いや、さっきブルーライン逸れて違う道行ってたのになんで? わざわざ坂道通らなくても良かったってこと?
釈然としませんが、今はそれよりもジェラートが大切です。とにかく、アイス食べて少しでもクールダウンしたい。
平地で追い風にも恵まれたので、ここは追い抜かせてもらいます。またもや、片言の英語で挨拶をして先を急ぎます。

ドルチェに到着。でこみかん&塩のダブルで注文して外でがっつきました。ええ、写真撮るの忘れてます(;´Д`)
ジェラート食べてたら、やっぱりトーマス(仮名)が通り過ぎて行きました。手を振ったら、笑顔で返してくれるナイスガイ!
それにしても、ジェラート生き返ります(・´з`・) 5月とはいえ日差しが強く、顔がヒリヒリして痛くてたまりません。
ジェラートを食べ終えて、補給も完了です。クールダウン出来たので、気分的にちょっと楽になったのでリスタート。
海岸線を走り多々羅大橋を目指します。チームジャージで揃えたトレインと何組かすれ違いました。みんなカッコイイ!
お揃いのジャージでワイワイ走るのは楽しいだろうなぁ(*´Д`*) うん、一人前に走れるようになったら考えよう。
そんな事を考えているうちに多々羅大橋に到着です。ここまで来たら残りは半分なので、気分的にもかなり楽です。

多々羅大橋の上り口で、真っ赤なママチャリをいじっているローディさんが居ます。全身スペシャのウェアでカッコイイ。
ちなみに、トーマス(仮名)じゃないですよ(笑) そして、その横には紫外線完全防備のご婦人が立っています。
たいして知識もないくせに「大丈夫ですか?手伝えることはありませんか?」なんて、声を掛けてしまいました。
直している男性が言うにはチェーンがイン側に落ちてしまい、はさまって引っ張っても戻らないとの事でした。
チカラ仕事なら、メタボにお任せあれ(´Д`) ママチャリを抑えて、スペシャ乗りのローディさんがチェーンを引っ張ります。
少しずつですがチェーンが動き出し、「ガツン!」という大きな音と共にチェーンが動きました。これで一安心です。
男性がチェーンを張り、無事に赤いママチャリは修理完了。少しは路上の紳士っぽい事が出来ましたかね?
ご婦人からお礼の言葉を頂いたのですが、最初に修理されていたスペシャ乗りの方には何も言いません。
さすがに気になって「先に修理していた方の手伝いをしただけですから、お礼はどうぞあちらの方に・・・」と伝えました。
ご婦人は「ああ、いいんですよ。」なんて言ってましたが、何だか手柄を横取りしたような気分で申し訳ない気持ちです。
工具などを片付けて、スペシャ乗りの方がコチラに向かって来ます。サングラスで表情は見えませんが、怒ってるかな?

スペシャ乗りさん「いやぁ、助かったよ。ありがとうね。それじゃ、かあさん行こうか?」


え?夫婦なの?( ゚д゚) 

上から下までスペシャライズドを着こなし、フルカーボンのバイクに乗っているお父さん。
かたや、紫外線から身を守るために大きな帽子を被り、6段変速の真っ赤なママチャリのお母さん。
いやいや、どー見てもママチャリを直しているローディさんにしか見えなかったですよ(;´Д`)
少しだけお話をさせて頂いたのですが、定年退職をされ余った時間で自転車を楽しんでいるご夫婦だったようです。
全く違うスタイルだけど一緒に走れるのって楽しいだろうな。めっちゃ羨ましい(*´Д`*)
お礼を言い、ご夫婦とはココでお別れです。二人はのんびりと今治に向けて戻るそうです。

さて、私はゆっくりとは言ってられません。早く戻らないと子供たちが向かっています。ほっこりも束の間です。
多々羅大橋を渡り、大三島に降りる手前で何度目の登場でしょう?トーマス(仮名)がまた、目の前を走ります。
いや、もう絶対につけられているでしょコレ・・・(; ・`д・´) つーか、どういうめぐり合わせだよ!?
なんて思っていた矢先に、トーマス(仮名)はまたもやブルーラインから外れて走っていきます。
道を下っていると、私に気付いたのか手を振ってくれました。方角的には大山祗神社にでも行くのかな?
まぁ、またどっかでひょっこり現れるんだろうなとか思いながら、私も手を振りました。でも、それが最後でした。
その後はどこに行ったのか?どこを走っても見かけませんでした。時々、気になって後ろを振り向いたりしたのになぁ。

どんどん今治に近づきます。そして、いよいよ決断の時がやってきます。某政治家のように先送りにしていた問題。
なぜだろう?お会いした事も無いですが、ブログにコメントを下さる方から「逝け逝け」と言われている気がします。
大島まで戻り時計は3時20分です。ん~・・・:(;゙゚'ω゚'): ど・・・どないしよ?

IMG_0458_R.jpg

4時には子供がサンライズ糸山に来ると連絡がありました。ラスボス倒しに行くと時間はオーバーします。
そもそも倒される可能性の方が高いわけです。もっと言えば、しまなみ往復が目的なのでラスボス倒さなくてもよくない?

・・・( ゚∀゚)アハハ 

さぁさぁ、どうする? 決断の時です。 ボロボロの体に残り少ないドリンク。そして、今治に向かっている子供・・・。
次回、感動の(?)しまなみ海道完全制覇 完結編をお楽しみに!
本当は2回で終わらせるつもりだったけど、楽しくていっぱい書いちゃった(・ω<) テヘペロ

トーマス(仮名)との遭遇した回数だけクリックをお願いします(笑)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - ニーサン  

Title - 

記事に上げるのが早いですねー。
もう復路まで。
それにしてもトーマス(仮)会いすぎですよ(笑)
私もそんな多く同じ人に会ったことはないですね。

ちなみに因島トーマス(仮)ルートは私もよく通ります。
花パークの島を縦断する坂道ではなく、沿岸に沿って進む平坦迂回ルートなんです。(1箇所くらいは坂がある)

2013.05.25 Sat 09:18
Edit | Reply |  

Name - よっさん  

Title - 

いけいけ念波の張本人です。反省のクリック(トーマス(仮)何回出てきたっけ?ウォーリー探せのようだ)をすると共に、自らも身を切る覚悟として峠2本逝ってきました。
異文化コミュニケーションに人助けと大活躍ですね。しまなみ海道も国際化しているようで、一年前に行った時も外国人カップルが、自分と一緒に間違えて橋の原付ルートに突入していました。
2013.05.25 Sat 17:44
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

ニーサン様

記憶が鮮明なうちに記事にしないと、色々と忘れそうで怖いんですよ。
トーマス(仮名)は最後はお互いにニヤニヤするぐらい遭遇しましたよ。

因島フラワーセンターを経由しない方法があるのですね。次回は色々と探索しながら、そういう抜け道も見つけたいです。
2013.05.26 Sun 02:24
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

よっさん様

その節は念派をありがとうございました(笑)
おかげ様で、ブログのネタにも困らずにすみました(;´∀`)

しまなみ海道は外人の方が多いですね。実は以前のしまなみで中国っぽい方のマナーの悪さにがっかりしていました。
今回は遭遇しませんでしたが、しまなみが有名になるのは嬉しい半面でマナーとかの問題はどんどん大きくなっていくのでしょうね。

峠2本・・・?
3本目に逝け!逝け!逝け!ヽ(`Д´)ノ 念波送信中~☆
2013.05.26 Sun 02:30
Edit | Reply |  

Add your comment