腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

第2回しまなみランニングバイク選手権に行ってきた! 

ガラスの膝をまたもや壊しt・・・・・(´・ω:;.:...

そりゃーねー、毎週アホみたいに自転車乗ってたら傷も癒えませんよ。でも、楽しいんだから仕方ないヽ('A`)ノ
まぁ、超デリケートな私の膝の話は置いといて11月3日に開催されたしまなみランニングバイク選手権の話です!

AM6:00起床。前日に準備をするとか言いながら酒を飲んで寝てしまったので慌てて支度をします。(←ダメおやぢ)
用具を車に積み込み、子供達の着替えを終えて7時過ぎに出発です。途中で朝食を買って今治を目指します。
んで、8時過ぎに到着。結構な数の人達が集まっています。これは出遅れてしまったか?(;´Д`)
とりあえずチーキーバイキングリーダーのYさんに電話連絡を入れて場所を確認します。
持っていける荷物を抱えて場所取りに行きましたが、慌てることも無く場所取り完了(`・ω・´)
ついでに車も開催場所に停めれたのでラッキー♪近くの小学校まで停めにいかないといけないと思ってました。

着いて早々にエントリーが開始されているという事で、早速受付を済ませます。
ゼッケンや粗品を受け取り、簡単な車検を受けて完了です。ついでにコースレイアウトを見ますが直線が多いです。
うちの子供はコーナーの練習ばっかりやらせていたので、ダッシュは苦手っぽい。うーむ・・・不利だなぁ(´Д`)
その他にも天気予報が雨という事だったので、路面の具合も気になる所です。タイヤはどうしよう?
そんな事を考えながら、荷物を置いてある場所に戻り試走の準備やタープ設営の場所などを確認します。

すると見たことのある×××な○○○な人がやってきて、私に話しかけてチラシ的な物を渡そうとします・・・





って、この内容書けないよね?(´・ω・`) 




そんな訳で、以下略..._φ(゚∀゚ )アヒャ (この一件で何か揉めたら責任は喜んでとります。)

さぁさぁ、×××で○○○なヤツを相手にしている暇はありません。雨も降りそうですので急いでタープを立てます。
ズラッーとガスモン&チーキーのタープを立ててノボリもくっつけて、ベースキャンプの完成です。 (敷物忘れたけどね)
そして慌しく、試走に向かいます。とりあえず流す感じでコースを走らせたのですが、やっぱりストレートが長い。
タイヤの具合を見たかったので、「ダッシュして!」と指示を出し、何回か本気で走らせて見ました。
試走のハズなのに、白熱している親達は「本気で走れ!」「前の子を追い抜け!」と怒号が飛び交っていました。
前回のみつぎに参加した時も思いましたが、気合いの入れ方が違う。私のようにお気楽で来てる人は少ないのかな?

雨がパラパラと降り出した頃、しまなみランニングバイク選手権がスタートです。
まずは2歳クラスからはじまり、3歳クラスでは我が家のアイドル(娘)がエントリーしています。
4歳クラスでは我が家のイケメン(息子)がエントリー。5・6歳クラスはチームのエース同士の白熱したバトル!
なんという見所満載のイベントなんだろう(*´Д`*)おとーさんは一眼レフ片手に応援(ガヤ)に熱が入ります。
娘は気まぐれながらも、この日もまともに走ってくれて予選・敗者復活共に完走してくれました。

IMG_9054_R.jpg

普段は小生意気だが、カワイイじゃないか(*´Д`)ハァハァ

2歳3歳の予選・敗者復活が終わり、4歳の予選が始まります。で、ここでトラブル発生です。
娘の敗者復活が始まっておらず、オンロード用のタイヤを息子のストライダーに履き替えさす時間がありません。
しかし、4歳予選の集合は掛けられています。慌てて娘のストライダーを引き上げて、何とか前輪だけ交換します。
雨の酷かった時にと思い用意しておいたオフロード用のタイヤと履き替えさせて、ギリギリ敗者復活に間に合います。
息子のストライダーは前輪にオンロード用、後輪にオフロード用のタイヤを履かせて予選に望みます。
何とか間に合った・・・(´∀`*)ホッ なーんて、思ってたら結構な待ち時間があって余裕で交換できてたりね(・´з`・)

PB020299_R.jpg

スタート前でもリラックスムード( ゚∀゚) ギリギリまでお腹が空いたと言ってホットドッグ食べてましたしね。

PB020300_R.jpg

スタート前の何ともいえない緊張感が好きです。サイスポの付録キャップを被っているのは内緒(笑)

スタート直前に、我が家の儀式であるお互いの拳をぶつけて気合いを注入!(`・ω・´)
ヨーイ・ドン!の掛け声で一斉にスタート! スタートは悪くなかったけど、ダッシュが苦手な息子は遅れていきます。
それでも前を走る子を見て、追いつこうと一生懸命走っている姿は本当にカッコ良く涙が出そうでした。
何位でゴールしたかも覚えていません。全力で走りきった息子に頑張ったと褒めながらタープに戻りました。
ストライダーから降りたら、普通の子供です。「オヤツ食べる!」「お腹空いた!」の大合唱です。
前日に作っていたホットドッグを皆で食べながら、チーム愛媛のキッズ達に応援を送りました。

カメラ片手に色々な家族を見ました。
悔しくて泣いている子供。出走すら嫌がる子供。ちゃらけている子供。真剣な眼差しで走っている子供。
頑張ったと駆け寄る親。本気を出せと怒る親。子供を抱きしめる親。子供の勇姿を見て感動する親。
私はレースの時にだけ味わえる独特の雰囲気が大好きです。今回もとても貴重な体験が出来たと思います。

今回のしまなみランニングバイク選手権にはかなりレベルの高い子供達が参加していたそうです。
素人の私が見ても、格段に速いと思う子供が沢山いました。惜しくもチーム愛媛は表彰台には上がれませんでした。
来年の大会ではチーム愛媛から表彰台にあがるキッズ達が出る事を願っています。頑張れ、愛媛のキッズ達!

ガスモン&チーキーのチーム愛媛のキッズ達に応援のクリックをお願いします! (←クリックは大人の都合か?)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment