腰痛持ちの俺がやれんのか?

30代前半で腰痛持ちのメタボがロードバイクで痩せられるのか・・・?

初イベント! 愛媛センチュリーラン その② 

今日はショップに寄って帰って子供用の自転車のGTの納車に関して打ち合わせをしてきました。
週末には納車が出来そうなので、子供よりもワクワクしております(*´Д`*) 早く練習させたいなぁ♪
そんな訳で、センチュリーランの続きをまとめていくことにしましょう。

8時を回り慌しくなってきました。慌しくなってきたハズなのに、観光気分でキャッキャしている私達(;´Д`)
今から160kmを走ろうかっていうのに緊張感は皆無です(笑)ゆる~い感じで、出発前の記念撮影とかね。

R0010457_R.jpg

タッキーのFELT Z75です。ボトル2本は本気仕様との事ですが、サポートカーがドリンク運んでるのに必要か?
こういう爽やかな色のロードが似合うのは羨ましいかぎりです。絶対に、私のカラーじゃないんですよね・・・(´Д`)
和やかな雰囲気ですが、そろそろスタートの時間です。装備品の最終チェックや軽い打ち合わせをします。
スタート地点に行くと、番号順に整列して時間差でどんどん出発していきます。めっちゃドキドキする(*´Д`)ハァハァ

R0010460_R.jpg

ドキドキするのも束の間。あっという間にスタートです。いよいよ初のイベントであるセンチュリーランのはじまりです!

R0010462_R.jpg

メタボsin出る!!! (`・ω・´)キリッ!!

最初はTamaさんに牽いてもらい、私は最後尾に着く事にします。しおさい公園を出てすぐにローソンを右折です。
が、信号で引っかかり後続の人たちがゾロゾロとやってきます。信号が青になった瞬間に追い抜いていく人が多数。
チームのトレインはグシャグシャになってしまいますが、メンバーは前に居るのでペースを落とさず着いていきます。
最初の難関は双海に続く三秋の峠です。距離は短いですが、スタートしていきなりの峠なのでペースが崩されます。
私の前を走るのはデポのMくん。徐々に前と引き離されていきますが、序盤から無理をしても仕方ないと判断します。
下りでちょっと頑張って追いつこうと話し、ゆっくりと登って行きます。後ろから抜かれてもマイペースで行きます。
峠の下りに入り、ペースを上げて進みます。とりあえず、前方の3人に追いつかなくてはいけません。

しばらく走るとタッキーとTamaさんを発見しますが、Aさんが居ない。つーか、なぜ先頭が交代してるんだ?
TamaさんにAさんはどこ?って聞くと、前の方のトレインに飲まれて行っちゃいましたと・・・。マジですか?
これはいかんと、Aさんを補足する為に私が前に出る事にします。後方は任せたよTamaさん!!

R0010464_R1.jpg

イェ~イって、そんな場合じゃないんだけどね(;´∀`)

R0010465_R1.jpg

まだまだ余裕のTamaさん&Mくん。余裕があるのなら、峠でもっと踏め!(#゚Д゚) (←偉そうにゴメンナサイ)

しばらく走り続けると3人ぐらいのトレインに遭遇したので、無賃乗車させて頂きました。めっちゃ楽チン(*´Д`*)
また走っていると前方の5人ぐらいのトレインに連結。10両編成のトレインが完成したのであります。
それにしてもAさんが見当たらない。どんだけの剛脚なんだろう?やはりトライアスロンやっている人は違うなぁ…。
なーんて、感心していたらウチのサポートカーがやって来ました。これはラッキーです。

sin「Aさん、見当たらないんですけど分からないですか?」

サポート「すぐ、前に居ますよ?」

sin「マジっすか?(´・ω・`)」

信号で引っかかったときに発見しました。10両編成のど真ん中に居ました!めっちゃキョロキョロしてる・・・。
「Aさん、後ろにみんな居ますよー!」と声を掛けたら、安心した様子でした。一人旅は心細いですよね(;^ω^)

ここからしばらくは10両編成のトレインに楽チン無賃乗車でどんどん進みます。
前方を見てみると、同じ人が3人ぐらいで先頭を回しています。無賃乗車も悪いので、少しぐらい牽こうかな?
でも、だいぶ後方にいる私が先頭を牽くにはどうすればいいのでしょう?追い抜いていって先頭に出るのでいいの?
「牽きますよー。」とか、声を掛けて前に上がればいい? 黙って静観しているだけでは申し訳ない気持ちです。
しかも、先頭を牽く一人はクロスバイクです。先に言っておきますがクロスバイクをバカにしている訳ではありません。
クロスだろうがMTBだろうが、速い人は速いと思います。でも、前傾姿勢が取りにくいバーハンドルでは厳しそう。
海岸線を走るので、海からの風は多少なりとも吹いています。せめて前傾が取れるドロハンの方が楽に牽けるのでは?
後ろに居ながら、ずーっとそんな事を考えて心配していました。結局、前には出れませんでしたけどね。(深く反省)

Bコースの折り返し地点を過ぎた辺りでトレインの先頭集団が休憩の為か道から外れます。
先頭は変わりましたが、相変わらず大所帯のトレインで保内の坂を登ります。トレイン効果で、全くの疲れ知らず!
いつもの鈍足はどこへいったのやら?前の人にちゃーんと着いていけています。やれば出来る子sinですヽ('A`)ノ
保内のトンネルの手前でサポートカーが止まっていたので、休憩を入れる事にします。休憩のタイミング最高です!
視力の悪い私は、トンネルの手前でサングラスから普段仕様のメガネに替えます。
ドリンクを補給したり補給食を食べたり、サポートのAMさんもマネージャーの如くテキパキと動きます。
休憩も終わり、準備も整いました。さぁ、リスタートしよう!そんな矢先にTamaさんのタイヤがスローパンク?

sin「どうします?替えときます?」
Tama「いや、行ける所まで行きますよぉ~。」
sin「え?替えたほうがよくない!?」
Tama「・・・やっぱ、替えときます。」

備えあれば憂いなし(´・ω・`)

テキパキとした動作でタイヤを外していきます。ここで気付きました。Tamaさんの脚力なら追いつけるんじゃね?
ここから折り返しまではダラダラと坂道が続きます。トレインも無いのでペースもグッと落ちるはず。
出来る限り前半で時間を稼いでおかないと、トルク型の人が多いので後半はへたる可能性が高い。うん、出発しよう。

sin「Tamaさんの脚力なら追いつけるでしょうから、みんなを連れて先にボチボチ登りますよ?」
Tama「あ、そうっすね。先に行っちゃってください。」

R0010471_R1.jpg

チューブ交換をするTamaさんを後に、メンバーを連れて先に進む事にしました。

R0010472_R1.jpg

肉団子列車行きまーす(`・ω・´) Tamaさん、待ってるから早くおいでよ?
しかし、この判断が間違いだったという事に後々気付くことになるのでした。次回、前半の山場ですよ!乞うご期待!

応援のクリックを頂ければ、もっと憂いなし! ツール・ど・103に向けての応援をお願いします(`・ω・´)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - ぱぱん  

Title - 

sinさん、こんにちは

本格的にお姿がUPされたのを見て
『メタボ名乗っちゃいけないな~』と突っ込ませてもらいました。
集団走行すると、誰かに何かが起こってそれをきっかけにドタバタ…
なぜかありますよね。
続きを楽しみしています。

ツールど103、思い切り雨模様ですねションボリ
2013.09.11 Wed 08:27
Edit | Reply |  

Name - ニーサン  

Title - 

ご無沙汰しております。
上のぱぱんさんと同じ感想です。
もうすっかりメタボをやっつけてしまわれてますねー。

続きを楽しみにしております。
2013.09.11 Wed 17:14
Edit | Reply |  

Name - デリオ  

Title - 

お久しぶりです。
皆さんと意見は一緒です。
脱メタボおめでとうございます。

イベントの参加は楽しいですよね~!
僕もいろいろイベントに参加する予定です!

続き楽しみにしています。
2013.09.11 Wed 21:40
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

ぱぱん様

体脂肪率20%を切れないとメタボ判定ですよね?
なので、立派なメタボです(´・ω・`)
マジで皮下脂肪が落ちません・・・。

ツール・ど・103は雨は降りません!
大丈夫ですよ(゚∀゚)
2013.09.12 Thu 01:09
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

ニーサン様

お久しぶりのコメントをありがとうございます!
私、脱いだら凄いんです・・・(*´Д`*)皮下脂肪がね・・・
見た目は随分とマシにはなりましたが、まだまだですよ!
2013.09.12 Thu 01:11
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

デリオ様

お久しぶりのコメントをありがとうございます!
皮下脂肪がまだまだ取れず、まだまだメタボです(´・ω・`)

イベントはクセになりそうなぐらい楽しいです。
今後も積極的に参加したいと思っています。
2013.09.12 Thu 01:12
Edit | Reply |  

Add your comment