腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

高梁ヒルクライムに行ってきた! 後編 

後編でございます!(`・ω・´)

当日は5時前に起床して準備を整えて会場近くの駐車場に向かいます。

駐車場では中国地方のレースではお馴染みのけんこうパパさんにご挨拶!

お話をしながら準備を整え7時前に会場入り。

IMG_9479.jpg

約1000人の選手が参加しているとの事で人だらけ。

会場で待機しているのですがガサルスさんのおかげか晴れ間は見えず曇り。

早朝という事もあり気温も低く、時折吹く風が冷たいぐらい。

IMG_9480.jpg

息子さん、ニュージャージをお披露目することなく完全防寒。

写真に写っていませんが赤メタボもウインドブレーカーにフルフィンガーグローブです。

寒さに震えながらの開会式が終わるとすぐにクラス別でパレードランに出発です。

IMG_9481.jpg

クラス別って事で、ガサルスさんとはここでお別れ( ´Д`)ノ

息子と私はキッズのショートコースなので一番最後の出走となります。

パレードランでは高梁市の住民の方々が熱心に応援をしてくださり本当に温かい!

息子も私もなるべく手を振りながら約11kmのパレードランコースを走りました。

スタート地点に到着する少し前からアップがてらにケイデンスを上げていきます。

IMG_9483.jpg

スタート地点に到着する頃には気温も上がりウインドブレーカーは必要なし。

私もレッグカバーやウインドブレーカーを脱ぎ、出走の準備を整えます。

8:00からグループごとにスタートが開始され息子の出走は8:40となります。

今回のヒルクライムは計測チップを付け、タイムで競われます。

着順での勝負でない為にスタートでの位置取りを息子さんと相談。

前に出て逃げるか? それとも後ろから追いかけるか?

息子さんが選んだのは後ろからの追いかけ。

ここからはレースとなるのでゴールまで写真は一切ありません。


8:40に最終組のスタートとなります。

ゆっくりとしたペースで集団がスタートしていきますが、後方に残っている数名は動かず。

我が家もスタートラインは越えず、先頭が少しバラけだすのを見てから一気にスタートします。

前を走る選手にはなるべく声を掛けながら息子と共に前に出ていきます。

走り出してすぐにレースでよく会うT君のお父さんに遭遇!

T君はお父さんを千切って先に行ってしまったとの事で、息子と一緒にT君を追います。

走り出して2kmぐらいでT君を補足。 かなり良いペースで進んでいます。

T君に話しかけると・・・

(´・ω・)「お父さん、遅いけぇー置いてきた!」

「俺も近いうちにそんなん言われるんやな・・・。」(・ω・`)

早々に会話を切り上げて逃げ切ってやろうと目論んだのですが逃がしてくれず。

ピタっと私の背後についてT君離れません。

そこからは息子とT君のバッチバチの戦いが始まります。

T君が仕掛けると息子はT君の後ろについて離れません。

スキを見て息子が仕掛けると、すぐさま反応してT君が息子の背後につきます。

先頭交代を繰り返しながら、たまに私も風よけに使われつつ7km手前で息子さんのアタック!

緩い下り区間を狙い一気に加速してT君を離していきます。

これは勝負あった。 そう確信していまいsた。

二人の差が少しずつ広がっていき20mぐらいの差がついたでしょうか?

これで一安心と思い一定のペースで登っていると7kmを過ぎた辺りでT君が追いついて来ます。

先ほどのアタックで勝負が決まったと思っていた赤メタボはパニック状態です。

緩いとはいえ登りで、しかも単独で追いついて来ました。

息子のペースが落ちた訳ではなく、T君がペースを上げて追いついてきたのです。

「マジか!?」思わず口に出してしまいましたが、小学生とは思えない根性。

けしてT君も楽じゃないのは見て分かります。

肩を大きく上下させながら呼吸は荒く口は開いたまま。

誰がどう見たってオーバーペースで無理している。

息子も同じく限界手前。

これ以上のペースアップは無理だと分かります。

残り2kmの看板を通過し、勝負はいよいよクライマックスに近づいてきます。

お互いに下りの追い越し禁止区間までに勝負を決めないといけないというのは十分理解しています。

あとはどちらが先に動くか?

2回目の緩い下り区間で先に動いたのは息子でした。

しかし、すぐにT君も反応しお互いにアウターで抜きつ抜かれつの並走状態で進んでいきます。

緩い下り区間を終えて登り区間に入ったところでT君が離れていくのが分かりました。

息子はT君の動向が気になるようで、しきりに後ろを見ながら進みます。

やはり、先ほどのアタックで追いついてきた恐怖があるのでしょう。 (俺も怖かったけどね。)

追い越し禁止の下り区間に入るまではペダルを回し続け、一気に下っていきます。

ショートコースは下り終わってすぐに左折して約200mのストレートを走りゴールとなります。

下りが終わってすぐの左折が曲者で道路の反射板がイン側に配置されており踏んだら吹っ飛ぶの確定。

事前の試走で何度も息子には注意していたので踏むこともなく最終コーナーを立ち上がります。

あとは姿勢をとにかく低くして、ペダルを回して回して回してゴール!!!

ゴール直後に息子は泣き出してしまいましたが、ダウンも兼ねてゆっくり先に進みます。

心拍を落ち着かせゴールに戻るとT君が出迎えてくれました。

IMG_9486.jpg

競い合った二人はしそジュースで乾杯(笑)

その後はなんと・・・

IMG_9485.jpg

地元のケーブルテレビのお姉さんに取材されておりました。

取材も終わり、ようやっと落ち着いてきたのでエイドの食事を楽しみます。

1004.jpg

食べかけで申し訳ない(笑)

温かい豚汁におにぎり。 さつまいもの天ぷらやフルーツなど盛りだくさん♪

どれも美味しく頂きました(*‘∀‘)

IMG_9492.jpg

息子はショートコースで一緒に走った選手と仲良くなったらしく3人で喋りまくり。

まぁ、私もお父さん連中と一緒にずーっと喋ってたからいいんですけどね。

かなりの時間をゴール地点で過ごし、スタッフの誘導で下山を開始するのですが・・・遅い。

待機してから30分以上は待ったのではないでしょうか?

安全を確認しながらの下山なので仕方ないですが、それならゴール地点で座ってたかった(笑)

パレードコースを会場に向けて戻るのですが、応援してくださった方達が帰りも声を掛けてくれます。

「頑張ったね!」 「もう少しだよ!」 「気を付けて!」 「また来年も来てね。」

様々な言葉を掛けて頂きました。 本当にありがとうございます。

IMG_9506.jpg

パレードランの最後は子供たちを先頭にして会場に入ります。

愛媛ではなかなか同年代の子と走る機会が無いので新鮮。

th2910.jpg

そして無事に会場である山陽オカムラグラウンドに戻ってきました!

って、後ろのデカイの邪魔!(;´・ω・)

会場に戻るとすぐに息子たちの表彰式がはじまりました。

一緒に帰って来た仲間たちとステージに上がり記念撮影。

本当に素晴らしく楽しいヒルクライムレースでした。

今週末は中国サイクルグランプリ。

それが終わると、しゅうなんクリテと四日市が控えています。

まだまだ体調は万全ではありませんが、四日市に向けてきっちりと仕上げていこうと思います。

それでは、また週末のレースでお会いしましょう!(`・ω・´)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - まっつー  

Title - 

激アツなレースですね!
お疲れ様です。

日曜はロードレースの方にチームメンバーやくっしーさんが出るので試走時間から応援に行きます
会場でよろしくです〜!
2017.10.05 Thu 19:22
Edit | Reply |  

Name - のじりん  

Title - 

凄い!
今年の全日本選手権を彷彿させるレース展開ですね!
将来の全日本が楽しみだ(・∀・)
2017.10.05 Thu 19:40
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

まっつー君

激熱なレース風に書いてみた!(`・ω・´)
もちろん、実際に熱かったんだけどね!

我が家は10時前には到着予定!
2017.10.05 Thu 20:42
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

のじりん様

今日のえひめ国体も素晴らしいレースだったように、あと数年後には自分の息子もああなってくれれば・・・。
なんて考えているうちが一番楽しいのかもしれません。

将来はどうなるのか今から楽しみです!
2017.10.05 Thu 20:44
Edit | Reply |  

Name - リャンチー  

Title - 

息子さんの優勝おめでとうございます!
新車のフェラーリも調子良さそうですね。(笑)
この調子で残りのイベントも頑張って下さい。
2017.10.08 Sun 14:57
Edit | Reply |  

Name - sin  

Title - 

リャンチー様

ありがとうございます!
V1-rは自分には持て余す機材ですが、長く付き合っていこうと思います。

今年は息子も私も色々な事に挑戦する年なので、精いっぱい出来る事をやっていきます!
2017.10.09 Mon 22:42
Edit | Reply |  

Add your comment