FC2ブログ

腰痛持ちの俺がやれんのか?

息子と一緒にロードバイクやってるメタボな30代です。

V1-rに乗って来たよ! 

皆様お待ちかねのインプレ記事でございます(`・ω・´)

まぁ、インプレ出来るほど乗っていませんし乗り手は素人のメタボです。

アテになるかどうかは分かりませんが、自分なりに感じたことを書いてみようと思います。

FullSizeRender.jpg

仕事もひと段落ついたので、あるミッションを遂行するために五明まで登ります。

まずサドルに座っただけで違いに気づきました。






・・・ちょっとサドル高いかな?(*´Д`*)






まぁ、どこか痛むようなレベルでは無いので先に進みましょう(笑)

乗り出してすぐに気づくのは硬さでした。

カーボンのしなやかさの中に一本芯が通っているような感触。

GTRが柔ならV1-rは剛でしょう。

ただし硬いのですがCAAD10やモンテグラッパのようなアルミの硬さでは無い。

ダンシングしてみるとフレームがしっかりと受け止めてくれる感覚。

GTRだとフニャっとする感触があってパワーが伝わっていない逃げるような感覚。

これはGTRがダメという事では無く、エンデュランス系の柔らかさ故だと思います。

登り区間ではGTRとの違いがもっと分かりました。

重たい私の体重を受けても前に進もうとする感覚。

これは気を付けないと脚を吸われるフレームなのかもしれません。

重要なのはフレームが軽量になりコンポが新しくなっても登りが速くなる事は無いと確信できました。

IMG_9399.jpg

Facebookネタで申し訳ないのですが、この写真が撮りたくて五明まで行ってまいりました(笑)

ミッションを完了したのでウインドブレーカーを羽織って一気に下ります。

ダイレクトマウントブレーキになったおかげなのか、少しのブレーキ操作でしっかり効きます。

夜道なので全力ダウンヒルって訳にはいきませんが、なんの不安も無く下れました。

Di2については以前に1回だけ試乗したスラムのeタップと比較しました。

eタップがレバーを触ってからペダル半周ぐらいで変速する感じ。

ワンテンポ遅い気がしてなりませんでした。

新型アルテグラDi2であるR8050は別物。

全くのストレスフリーでフロントもリアもスパスパ変速してくれます。

トリム調整も自動なのでチェーンの異音など全くありません。

それだけでも素晴らしい感動です(*´ω`*)

家に戻り少しだけポジションを修正しました。

明日も試乗したい所ですが、週末は高梁のヒルクライムがあります。

事前受付なので準備をやって、土曜日に備えないといけません。

せっかくなので高梁にはV1-rで行ってみようかな?

また近いうちに100km以上走ってインプレ記事を載せようと思います。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment